MENU

審美歯科・
ホワイトニング

ESTHETIC DENTISTRY / WHITENING審美歯科・ホワイトニング

審美歯科

審美歯科とは、見た目の問題に重点をおいた領域ですが、長期的に機能するように治療することを目指しています。
口元をきれいにしたい理由は人によって様々です。結婚式があるからきれいしたい、人と接する職業なので口元が気になるなど、お気軽に一度ご相談ください。

ホワイトニング

歯を削ることなく、専用の薬剤を用いて、歯の色素を分解し、白くしていく方法です。
ホワイトニングの種類は、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングがあります。

当院では、ホームホワイトニングを採用しており、歯科医院で歯型の型取りを行い、ご自身専用のトレーを作製しご自宅でトレーに薬剤を入れて行います。

オフィスホワイトニングに比べ、白くなるのに少し時間がかかりますが、後戻りもしにくいです。また、薬剤がなくなったら薬剤のみ購入し、継続することが可能になります。

部分被覆冠

部分被覆冠とは歯の一部を削り、型取り後かぶせる人工の歯のことです。

保険適用外

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックを用いるため天然の歯との色の調和がもっとも良く、半永久的に色の変色はありません。細菌の付着も少ないため、むし歯になりにくいのも特徴です。大きな力がかかると欠けたり割れる可能性があります。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

最大の特徴はセラミックに比べ強度が優れていることです。そのため力のかかりやすい奥歯に用いることが多いです。色調は天然の歯よりやや白めに出やすいですが、ステインをつけ色調を近づけていきます。

ハイブリットインレー

ハイブリットインレー

レジンとセラミックを混ぜ合わせたもので、比較的安価に白い材料で修復する場合に使用します。強度はセラミック、ジルコニアに比べると劣ります。

ゴールドインレー

ゴールドインレー

見た目は金属の色になりますが、腐食しにくく安定性に優れている点と金の特性により伸びやすく辺縁封鎖性に優れているため、むし歯になりにくいです。

保険適用

12%金銀パラジウム合金のインレー

12%金銀パラジウム合金のインレー

日本では保険適用の金属になります。金属のため強度はありますが、見た目は金属色で審美的には劣ります。パラジウムのアレルギーの問題から世界的には使用されない金属です。

全部被覆冠

全部被覆冠とは、歯全体を削り、型取り後かぶせる人工の歯のことです。

保険適用外

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

セラミックを用いるため天然の歯との色の調和がもっとも良く、半永久的に色の変色はありません。細菌の付着も少ないため、むし歯になりにくいのも特徴です。特に見た目の問題が大きく関わる前歯に用いることが多いです。
大きな力がかかると欠けたり割れる可能性があります。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

最大の特徴はセラミックに比べ強度が優れていることです。そのため力のかかりやすい奥歯に用いることが多いです。色調は天然の歯よりやや白めに出やすいですが、ステインをつけ色調を近づけていきます。

メタルボンド

メタルボンド

歯を覆う部分を金属で作り、その周りをセラミックで覆う被せ物です。
金属の裏打ちがあり、比較的耐久性に優れているため、どの歯にも用いることができます。色はオールセラミックに比べると劣りますが、元の歯が色が暗い場合や金属の土台の場合は裏打ちの金属が色を隠すので有効です。
裏から見ると一部金属の部分が見えます。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

見た目は金属色になりますが、腐食しにくく安定性に優れている点と金の特性により伸びやすく辺縁封鎖性に優れているため、むし歯になりにくいです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

全部被覆冠とは少し異なりますが、歯の表面を削って、薄い板を貼り付けます。
全部被覆冠に比べ、削る量が少ないため、歯へのダメージを軽減できます。またセラミックを用いるため天然の歯との色の調和がもっとも良く、半永久的に色の変色はありません。セラミック同様大きな力がかかると欠けたり割れる可能性があります。

保険適用

ハイブリットレジンのCAD/CAM冠

ハイブリットレジンのCAD/CAM冠

小臼歯(前から4,5番目の歯)に保険適用できます。条件(金属アレルギー等)によっては大臼歯にも適用できます。色は何種類かありますが、単一の色調なので隣の歯に近い色を選びます。また大きな力がかかると欠けたり割れる可能性があります。

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

歯を覆う部分を金属で作り、その周りをレジンで覆う被せ物です。
前歯(前から1,2,3番目の歯)に保険適用できます。金属は12%金銀パラジウム合金になり、金属アレルギーを起こす可能性があります。
セラミックの様な透明感はありませんが、色は何種類かあり、隣の歯に近い色を選びます。

12%金銀パラジウム合金のクラウン

12%金銀パラジウム合金のクラウン

日本では保険適用の金属になります。
金属のため強度はありますが、見た目は金属色で審美的には劣ります。
パラジウムのアレルギーの問題から世界的には使用されない金属です。